玄関・・・窓口・・・お店のweb扉をつくりませんか?

お店がホームページを持つメリット

今や、一人が一つスマートフォンを持つのが主流の時代となりました。スマートフォンは電話やメールだけではなく、インターネットに気軽につなぐことができます。つまり、インターネット上に情報を載せていれば、スマホを持っている一人一人に存在をアピールする機会を作れるのです。スマートフォンがそのままお店への扉になるのです。
インターネットは日本全国どころか全世界からアクセスができるので、顧客になってくれる人の幅を大きく広げることができます。
また、一回来たお客さまが、ホームページを見ることで再度、興味を持つことがあります。営業時間などの細かい情報をゆっくりチェックできるので、リピーターになってもらえる確率が高くなります。
ホームページは膨大な情報を載せることができるツールなので、お店の魅力をたくさん伝えることができます。

お店の好感度を上げるデザイン

ホームページはデザインが重要です。素人っぽいデザインよりはプロの作ったサイトに見えるスタイリッシュさやおしゃれさがあったほうが好感度があがります。いかにも初心者が作ったようなサイトだと、お店自体が「あまりきちんとしていないのではないか」「繁盛していないのではないか」という印象を与えてしまいます。
ホームページのデザインはそのままお店のイメージに直結します。女性向けの小物などをあつかっているお店なら、可愛らしいデザインが適しています。職人技をウリにしたお店なら、いかにもストイックなデザインがよいでしょう。
このようにお店の方向性に合ったデザインにすることが、集客には重要です。
また、機能性も大切で、「アクセス」「営業時間」「お店の概要」などの情報がどこにあるのか一発でわかることは必須です。

HP制作をすることは、情報を発信するのにとても良い方法の1つです。お店なら営業時間や商品を、団体なら活動の様子などを掲載することで、いろんな方に知ってもらうことができます。